部屋の多肉植物が枯れた。

なんだってほっといたら枯れる

夜中に書く文章

 

夜中にメールやラインをすると

ろくなことがないからやめろ と

昔から言うのよね

 

不安になると全部捨てたくなるなぁ

 

いま目の前にある幸せも

いつかは壊してしまうのならば

自分の意思で

傷つく前に

捨ててしまおう と思ってしまう

 

あたしは笑うと涙袋が強調される

昔よりも少し自分のことを

ほんの少しだけ好きになれたと思うけれど

あたしはあたしの全てがやっぱり嫌いだ

目の下の涙袋も 太い足も 身体中のほくろも

綺麗じゃない

あたしが欲しかったものじゃないの

 

輝いて見える明日も

全てあたしが

あたしという存在が

壊してしまうのを知っている

 

せめて今日だけは笑顔でいよう と

決意した日にも

いつもより強い鼻の痛みとともに

涙が溢れでていって

ああ、またか と

相手の言葉の隙間に見える呆れを

吸い込んで

これからも生きていくのか

 

あたしにはあたしの名前は似合わない

月 ってとっても綺麗だもの

あたしは あんな風にはなれないよなぁ と

日々鏡の前で絶望する

 

ああ もうやだよ